So-net無料ブログ作成
検索選択

中日新聞杯 人気薄から見る好走馬の分析 [馬場分析]

中日新聞杯過去4年の前走距離分析
        複勝率 複回収率
延長[0.1.2.14]  17.6%  107%
同距[2.2.1.24]  17.2%  55%
短縮[2.1.1.10]  28.6%  72%

延長馬3頭中2頭は前走東京1800mの条件戦1着
残り1頭は3歳春のOP特別以来、上がり最速で4着

同距離馬5頭中2頭は前走1着、共に京都(OP特別と1000万条件)
残り3頭中2頭はG2,3で4着、残り1頭はG1

短縮馬4頭中2頭は菊花賞8~9着
残り2頭は札幌日経OP9着とアルゼンチン共和国杯2着

3着以内12頭中11頭は父か母父SS系かロベルト系
◆過去4年の5番人気以下で3着以内になった馬
2007年
ダイレクトキャッチ(スペシャルウィーク×Storm Cat)
8番人気2着 3枠5番 白百合S4着0.2

2008年
フサイチアソート(トワイニング×SS)
10番人気2着 7枠13番 福島記念4着0.2

イケトップガン(マヤノトップガン×SS)
9番人気3着 1枠1番 tvk賞1着0.0

2009年
ドリームサンデー(タイキシャトル×ブライアンズタイム)
5番人気2着 1枠1番 札幌日経OP9着0.8

チョウカイファイト(アグネスタキオン×パークリージェント)
10番人気3着 3枠5番 ノベンバーS1着0.0


5番人気以下で馬券になった馬は5頭
5頭中4頭は5番より内枠
5頭中4頭は斤量52~54キロ
5頭中4頭は父か母父SS系


★今年の登録段階での注目馬
コスモファントム(Stephen Got Even×Paris House)
大敗したのはG1だけ、それ以外は3着以内の堅実派
萩Sでは後のダービー馬に圧勝、ラジオNIKKEI杯2歳Sではヴィクトワールピサに2着
3歳勢が猛威を揮う勢いと馬場の良さを味方に付けたい

バトルバニヤン(ジャングルポケット×Crafty Prospector)
7戦6連対の小倉巧者、夏には57キロで小倉記念2着がある
休み明けでもOP特別勝ちがあり来年定年を迎える池江厩舎2頭出しの1頭

マイネルスターリー(スターオブコジーン×SS)
今年の冬に小倉大賞典で2着入選ある
母父SSは08年に1~3着を独占している
得意な距離に戻って巻き返しを期待したい
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:競馬

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。