So-net無料ブログ作成
検索選択

シンザン記念、フェアリーS 回顧 [先週の結果&回顧]



2011年 35.1-23.7-35.2 1.34.0 58.8(47.2-46.8) 3番手 上がり3F34.3 良
(12.2-11.2-11.7-12.1-11.6-11.2-12.0-12.0) レッドデイヴィス

スタートでオルフェーブルが出遅れ
予想通りシゲルソウサイがハナへ
しかしシャイニーホークが絡んでいったため2頭が3番手を引き離す
レッドデイヴィスは好スタートから馬なりで3番手
アドマイヤサガス、ドナウブルーも好位へ
しかしドナウブルーは頭を上げたりと折り合いを欠いていた
モルセリーナは直後の内、その2馬身後ろのラチ沿いにオルフェーブル

1000m通過は過去6年で2番目の58.8
勝ったレッドデイヴィスが通過したのが59.7
これは1000m通過が60妙よりかかった2年を除けば
勝ち馬が通過した標準的なタイム

直線に入り残り300mで前を捕らえると200m地点では後続に2~3馬身差を付けていた
最後はオリフェーヴルが突っ込んでくるも流す余裕で完勝
セン馬のためクラシックの出走権利はないのは残念

オルフェーヴルは4コーナーまで内ラチに取り付いていたが直線は外に持ち出すと
左回りの時のように内にもたれることはなく上がり33.5を繰り出してみせた
兄と同じく右回りのポテンシャルは相当なものかも?

マルセリーナはスタート直後から内ラチのピッタリ回り
直線もレッドデイヴィスが通った後ろをそのまま抜けてきた
恵まれた感はあるが1戦1勝ながら3着した能力は評価したい

アドマイヤサガスやドナウブルーは伸びきれず4,5着
ドナウブルーは折り合いを欠いていたとはいえ案外な結果に落胆した
次走はまた期待される走りをみせてほしい2011年 34.0-23.1-36.6 1.33.7 57.1(45.1-48.6) 5番手 上がり3F36.0 良
(12.3-10.6-11.1-11.1-12.0-12.2-11.9-12.5) ダンスファンタジア

スタートは好スタートを切ったグループと少し出負けしたグループに分かれた
ピュアオパールがハナに行くと思われたが外からアポロジェニー、コンプリートが交わしていく

アドマイヤセプターも前に行くが少し窮屈になる場面もあった
その横にスピードリッパー、後ろにダンスファンタジア

後ろに控えていたイングリッドが抑えきれない手応えでハナへ
その影響か息の入らない流れになり昨年と同じようなペースながら
昨年とは違い一団で速いペースを刻んだ

アドマイヤセプターはこの流れの中を積極的に前を捕らえに行く
スピードリッパーもアドマイヤセプターに狙いを定めて直線へ
その後ろに付けていたダンスファンタジアは残り200mで捕らえると2馬身半差の完勝

2着争いは僅かにスピードリッパーが交わした
ダンスファンタジアはHペースもあって折り合いを欠くことなく
朝日杯FSを上回るタイムで勝利
桜花賞戦線に再び名乗りを挙げたがスローペースでの不安は払拭できていない

1,2着はファリブラヴ産駒、1~3着は母父SS
2~4着は牡馬相手に1800m以上のレース経験がある馬だった

アドマイヤセプターはまた賞金を加算できずトライアルも抽選になりそうなので調整が難しそう
ダンスファンタジア、スピードリッパーはフラワーCに出走するようなら再び好走できそうだ

イングリッド、ピュアオパールなどは自分の競馬ができればあっさり巻き返す可能性はありそう
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:競馬

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。