So-net無料ブログ作成

有馬記念2011 結論 [G1予想]

◆過去のラップ
2006年 41.3-37.5-37.7-35.4 2.31.9 (59.5-60.4) 10番手 上がり3F33.8 良
(7.1-11.5-11.4-11.3-11.8-12.8-12.9-12.7-12.2-12.8-12.2-11.2-12.0) ディープインパクト

2007年 41.4-39.0-36.8-36.4 2.33.6 (60.6-60.7) 2番手 上がり3F36.3 稍重
(6.9-11.2-11.2-12.1-12.4-13.4-13.2-12.5-11.9-12.4-12.2-11.7-12.5) マツリダゴッホ

2008年 41.2-38.1-35.8-36.4 2.31.5 (59.6-59.8) 1番手 上がり3F36.4 良
(6.9-11.2-11.9-11.2-11.9-13.0-13.2-12.4-11.5-11.9-12.0-11.7-12.7) ダイワスカーレット

2009年 40.3-36.8-36.9-36.0 2.30.0 (58.6-60.6) 8番手 上がり3F35.2 良
(6.8-11.0-11.2-11.3-11.9-12.3-12.6-12.3-12.5-12.1-12.0-11.7-12.3) ドリームジャーニー

2010年 42.6-39.6-35.8-34.6 2.32.6 (62.0-58.1) 2番手 上がり3F34.6 良
(6.9-11.4-12.0-12.3-12.7-13.4-13.5-12.3-11.5-12.0-11.7-11.1-11.8) ヴィクトワールピサ


昨年は1000m通過62.0という超スローから残り1000mのロングスパート
01年並のペースとなりレース上がりも34秒台と例年と比べ例外的なレース
ただし昨年の出走馬15頭中7頭が今回も出走(1頭取りけし)
昨年と同じペースになる可能性もありそうだ
キングトップガン、トーセンジョーダン、アーネストリーの出方次第かブエナビスタ(スペシャルウィーク×Caerleon)
昨年、一昨年2着、グランプリは宝塚もあわせて4連続2着
JCで昨年の借りを返し優勝
ただ昨年は外からあっさり交わして完勝
今年はインベタでロスも少なかった
東京と比べ明らかに勝ちきれない小回り
やや衰えが見られる引退レースでどこまで迫れるか

ヴィクトワールピサ(ネオユニヴァース×Machiavellian)
昨年の覇者、中山は4戦4勝
春にドバイWCで世界一に輝き秋は凱旋門賞でリベンジを期待されたが休養
復帰戦のJCは後方からの競馬で度外視でよさそうだが
例外的な昨年のレースを再現できるかはわからない
昨年から今年の春がピークの可能性も否定できない

ヒルノダムール(マンハッタンカフェ×ラムタラ)
春にはレコードで大阪杯を制し昨年も皐月賞2着
小回りコースの持久力勝負は一番合う舞台か
凱旋門賞の大敗が日本のレースに影響しないことは過去の好走馬が証明している
問題は藤田騎手がこの内枠を上手く捌けるか

エイシンフラッシュ(King's Best×Platini)
ダービーを制しているが3歳時の皐月賞や
今年の大阪杯、宝塚記念と持久力勝負の方が安定して力を出せる
天皇賞秋は流石に前に厳しすぎたため6着に敗れたが良く粘った
あの先行力があれば有馬記念でも先行できそう
鞍上はハーツクライで3冠馬を降したルメール騎手

トゥザグローリー(キングカメハメハ×SS)
昨年の3着馬、母も3着になったがその年のペースと似た例外的なレースだった
春にはG2を連勝しヒルノダムール、ペルーサ、ローズキングダムに完勝
G1制覇を期待されたがG1では惨敗続き、ただ天皇賞秋では5着と力をあるところも見せている
冬に活躍している馬だけにここで復活はありえそうだがペース次第か

オルフェーヴル(ステイゴールド×メジロマックイーン)
7頭目の3冠馬になり皐月賞からは全て完勝、いや圧勝
ウインバリアシオンがJCで3角大捲りする競馬で0.5秒差の5着
単純な比較でも古馬に通用しないとは思えない
タイプは違うが全兄はグランプリ2勝のドリームジャーニー
ここで勝つ様だと3冠馬をこのオッズで買えるのは最後かも

トーセンジョーダン(ジャングルポケット×ノーザンテースト)
昨年は逃げて5着もスローに落としすぎた
この秋は天皇賞をレコード勝ちしJCは2着
持久力勝負に向くタイプで例年並に流れれば昨年よりチャンスはありそう
ただ秋のG1を連続好走した疲労がここで出る可能性も

アーネストリー(グラスワンダー×トニービン)
宝塚記念をレコードで快勝
ブエナビスタに完勝したのは今回トーセンジョーダンとこの馬の2頭
天皇賞秋はHペースと大外枠で度外視、天皇賞秋からの直行は着順不問で買えるレース
佐藤哲騎手と佐々木厩舎はタップダンスシチーで2回2着があるコンビ
宝塚記念勝ちも一緒になる、年齢で厳しいデータも出てるようだが今年G1を初制覇した馬
外枠はプラスではないが速い馬が少ないだけにすんなり先行できそう

レッドデイヴィス(アグネスタキオン×トニービン)
春には後を3冠馬オルフェーヴルを降している
京都新聞杯は骨折で10着と敗れたが休み明けの鳴尾記念を快勝
JRA連続G1勝利記録が今年で途切れそうな瀬戸際で鞍上は武豊騎手に
距離的な不安はないがこの外枠はマイナスだろう

ルーラーシップ(キングカメハメハ×トニービン)
重賞を3勝し宝塚記念は2番人気に支持されたが5着
それ以来の休み明けとなるが金鯱賞の大出遅れでの完勝
冬の日経新春杯での完勝と今年G1を勝つと思った人はかなりいると思われる
能力的にはこのメンバーでもトップクラスだが大外枠と休み明けが嫌われたか
ただこの馬自身は休み明けも外枠もむしろプラス材料
こんなに人気がないならむしろ買うべきか


◎アーネストリー
〇オルフェーヴル
▲トーセンジョーダン
△エイシンフラッシュ
△ヒルノダムール
△ルーラーシップ
△ブエナビスタ


にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村
nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(9) 

nice! 17

コメント 2

soujiro

今晩はsoujiroです。有馬記念が終わりましたね、今年も一年間お疲れ様でした。今日は現地参戦してブエナのラストランを見てきました、結果は残念でしたが無事最後走ってくれて”ありがとう”と言いたいところです。
それにしてもオルフェは強かったです~、あの位置から勝ち切るとは…。本当に来年が楽しみです。
貴兄には今年もいろんな情報ありがとうございました。また来年よろしくお願いします。
ちょっと早いでが良いお年を!!
by soujiro (2011-12-26 02:26) 

やまちゃん

>soujiroさん
こんばんは!有馬記念、そして1年間お疲れ様でした!
ブエナビスタも本当にお疲れ様でした。
JCはある意味2年連続でドラマでしたね・・・
いずれ走るだろう子供が楽しみです。
オルフェーヴルも強かったですね、ただ早い流れの対応は未知数なのかなと思います。
位置取りは後ろでしたけどスムーズに加速できた位置取りは不利よりも有利の方が大きかった気がします。
来年は宝塚記念辺りで勝負を挑みたいです(笑
今年最後のG1も相変わらず週初めの注目馬からの選択ミスでしたがこちらこそ来年もよろしくお願いします(^^;

良いお年を!!
by やまちゃん (2011-12-27 00:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 9

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。