So-net無料ブログ作成
検索選択

金鯱賞2012 好走馬の分析 [重賞分析]

◆春夏開催1000万以上の2000m4レースの前走距離分析
        複勝率 複回収率
延長[1.2.0.17]  15.0%  60%
同距[1.1.3.19]  20.8%  51%
短縮[2.1.1.6]  40.0%  56%


延長馬3頭中2頭は小倉大賞典2,4着
残り1頭は京都1800m
3頭とも前走上がり34秒台

同距離馬5頭中2頭は中京2000m上がり最速で1着
残り3頭は阪神2000m6,8,4着
5頭とも前走上がり35.7以上

短縮馬4頭中2頭は中京2200m1,4着
残り2頭は日経新春杯2着、目黒記念4着
ともにダノンバラード


12頭中10頭は今回上がり3位以内
12頭中9頭は父SS系
9頭中3頭はディープインパクト産駒
残り6頭中2頭はマーベラスサンデー産駒
12頭中7頭は父か母父ミスプロ系

春開催は時計が掛かり
夏開催も雨の影響があり1日目の4Rに行われた
3歳未勝利の2.01.0がレコードになっている
今開催での時計の出方に注意したい


◆同コースで行われた中日新聞杯で3着以内になった馬
スマートギア(マーベラスサンデー×パドスール)
6番人気1着 6枠11番 小倉大賞典2着0.0

ダンツホウテイ(マンハッタンカフェ×Nureyev)
9番人気2着 2枠3番 小倉大賞典4着0.1

ダノンバラード(ディープインパクト×Unbridled)
1番人気3着 8枠17番 日経新春杯2着0.2


3頭とも前走重賞4着以内
3頭中2頭は重賞連対実績あり
残り1頭はOP特別2勝
3頭とも父SS系
父は3000m以上のG1で3着以内あり
2頭は菊花賞と天皇賞春を制している
産駒も3000m以上のG1で3着以内の好走馬を輩出


★今年の登録段階での注目馬
アドマイヤラクティ(ハーツクライ×エリシオ)
前走アンドロメダSはダノンバラードと同オッズの2番人気に支持された
上がり最速を繰り出したが出遅れもあり位置取りが後ろ過ぎたか
10戦連続3着以内と安定しており
同じ父のギュスターヴクライは条件戦で7連続好走の後に重賞で連続連対
ハーツクライ産駒は中京2000mで3勝5連対

オーシャンブルー(ステイゴールド×Dashing Blade)
前走アルゼンチン共和国杯は上がり最速も5着
内を通った馬が上位を占めるなか大外から3着とは0.2秒差
デビュー2戦目から11戦連続上がり2位以内
ステイゴールド産駒は中京2000mで[1.4.1.8]複勝率42.9%、複回収率212%
2000mに距離が短縮されるのもプラスになりそう

トウカイパラダイス(ゴールドアリュール×マルゼンスキー)
前走アルゼンチン共和国杯は11着に敗れたが苦手な距離延長なので度外視
距離短縮ローテは芝なら2,3,1,2,1着
中京芝は春に2200mを上がり最速で連勝
中京と距離短縮なら一変の可能性はある


にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:競馬

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。