So-net無料ブログ作成
検索選択

中山牝馬S2013 結論 [予想]

◆過去5年中山牝馬Sのラップ
2007年 37.0-36.0-37.2 1.50.2 60.8(49.0-49.4) 12番手 上がり3F36.3 重
(12.7-11.7-12.6-12.0-11.8-12.2-12.2-12.2-12.8) マイネサマンサ

2008年 36.2-36.4-35.8 1.48.4 60.8(48.5-47.6) 2番手 上がり3F35.7 良(前日雨)
(12.2-11.6-12.4-12.3-12.3-11.8-11.8-11.5-12.5) ヤマニンメルベイユ

2009年 35.9-37.1-36.1 1.49.1 60.5(48.1-48.6) 4番手 上がり3F35.7 稍重
(12.4-11.4-12.1-12.2-12.4-12.5-12.1-11.5-12.5) キストゥヘヴン

2010年 35.0-35.9-36.7 1.47.6 58.6(46.7-49.0) 5番手 上がり3F34.7 良
(12.3-11.2-11.5-11.7-11.9-12.3-12.5-11.8-12.4) ニシノブルームーン

2012年 36.1-38.2-36.3 1.50.6 61.5(48.8-49.1) 1番手 上がり3F36.3 重
(12.8-11.4-11.9-12.7-12.7-12.8-12.0-11.8-12.5) レディアルバローザ

10年は1000m通過58.6、中盤も35秒台の淀みない流れだったが
逃げ馬が離しており上位は実質例年通り60秒台
毎年フルゲートで行われるが2桁馬番で馬券になったのは3頭
うち2頭は直線でインを突いており1頭は逃げていた
近5回で3番人気以内が馬券になったのは1頭のみ
3連単が発売された7回中6回で10万以上の配当が出ている


ダイワズーム(ハーツクライ×Capote)
中山1800mは2戦2勝
前走小倉大賞典は直線内で詰まる場面がありながら0.4秒差
前々走愛知杯は1000m通過64.5の超スローを4角11番手
4番より内枠は2,4,1,7着で7着は前走小倉大賞典
SSとグレイゾヴリンの血を持つ馬は4年連続で馬券圏内

フミノイマージン(マンハッタンカフェ×Dixieland Band)
重賞4勝中3勝は内回りやローカルの直線が短いコース
札幌記念では牡馬を相手に完勝している
56キロでは愛知杯を勝っているが57キロはクイーンS8着
中山は初だが阪神は重賞で2,1,3着と凡走がないが
流石に休み明けで57キロは厳しいか

フェータルローズ(タニノギムレット×SS)
前走太宰府特別は直線前が詰まる場面もあったが
前が開くとサッと前を捕えて着差以上の完勝
中山は初だが阪神は3戦して2,3,2着
タニノギムレット産駒は10,12年で連対
母父SSはオールザットジャズと同じ

アラフネ(クロフネ×SS)
中山芝は2戦して5,8着だが
牡馬相手の準OPで0.3,0.4秒差
前々走節分Sは牡馬相手に0.1秒差の3着
前走初音Sは1000m58.9の流れを大外枠から
外から差し馬が迫るともうひと伸びして抜かせなかった
牝馬限定の1800mなら走れても

スマートシルエット(ファルブラヴ×Deputy Minister)
前走東京新聞杯は6着
1800mは牡馬相手にOP特別勝ちがあり
府中牝馬Sでも3,2着がある
芝の1000万以上で馬券になった10回中9回は上がり34.3以内
勝った4回は33.8より早く先行して速い上がりを使うレースが得意
阪神でも内回りのマーメイドSは大敗したように
上がりが掛かる中山牝馬Sは疑問

オメガハートランド(アグネスタキオン×エルコンドルパサー)
中山1800mは昨年この時期にフラワーCを0.3秒差の完勝
前走は牡馬相手のOP特別で0.5秒差
前々走ターコイズSはサウンドオブハートの2着
オープンで馬券になった2回は中山
キングマンボの血を持つ馬は12年1,3着、09年3着

サンシャイン(ハーツクライ×Pistolet Bleu)
前走愛知杯は2番手から2着
オープンで馬券になった2回は4角2番手
2桁着順は3走して全て着外だが
秋華賞では休み明けで0.4秒差の7着
父はアドマイヤベガと同じSS×トニービンの配合馬

アイスフォーリス(ステイゴールド×クロフネ)
前走アメジストSは10着だが上がりが早かった印象
オークスでは上がり35.6で3着
中山芝は[0.2.0.4]だが着外4戦はマイル戦が2回と
牡馬相手の2000m戦と大外枠で上がり33.8だった紫苑S5着
上手く先行できれば好走できる能力はあるはず

アカンサス(フジキセキ×Unbridled's Song)
中山1800mは牡馬相手の準OPで2,1着があり
昨年の中山牝馬Sは3番人気に支持されたが内で不利を受けていた
OPでの2勝は東京1800mで上がり33秒台
福島牝馬Sで3着に好走しているので中山でも好走できそうだが

オールザットジャズ(タニノギムレット×SS)
昨年の中山牝馬Sは7番人気2着
次走福島牝馬Sで0.2秒差の完勝
前走日経新春杯は内伸び馬場で8枠
前々走愛知杯は56キロで3着
上がりが掛かるコースは合いそうだが大外枠がどうか


◎ダイワズーム
○フェータルローズ
▲オメガハートランド
△アラフネ
△サンシャイン
△アイスフォーリス
△アカンサス
△オールザットジャズ


にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(8) 
共通テーマ:競馬

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 8

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。