So-net無料ブログ作成

朝日杯FS2013 結論 [G1予想]

◆朝日杯FS過去5年のラップ
2008年 34.3-24.5-36.3 1.35.1 58.8(46.3-48.8) 9番手 上がり3F35.0 良
(12.2-10.8-11.3-12.0-12.5-12.6-11.7-12.0) セイウンワンダー

2009年 34.2-24.2-35.6 1.34.0 58.4(46.1-47.9) 8番手 上がり3F34.7 良
(12.0-10.8-11.4-11.9-12.3-12.3-11.7-11.6) ローズキングダム

2010年 34.7-23.9-35.3 1.33.9 58.6(46.6-47.3) 7番手 上がり3F34.5 良
(12.2-11.0-11.5-11.9-12.0-11.7-11.6-12.0) グランプリボス

2011年 34.5-23.3-35.6 1.33.4 57.8(45.9-47.5) 3番手 上がり3F35.3 良
(12.2-11.0-11.3-11.4-11.9-12.0-11.7-11.9) アルフレード

2012年 33.9-23.4-36.1 1.33.4 57.3(45.4-48.0) 2番手 上がり3F36.1 良
(12.1-10.8-11.0-11.5-11.9-12.2-11.8-12.1) ロゴタイプ

1000m通過は5年中3年で58秒台、近2年は57.8,57.3
テン3Fは5年中4年で34秒台だが昨年は33.9と速く上がり3Fは36.1かかっている
前半4Fよりも後半4Fの方が時計が要する前傾ラップを刻みやすい
2週目から3週目に変わった08年以降は差し馬の好走が目立っており
15頭中12頭は4角5番手以下、上がり34秒台で馬券に絡んだ馬は4頭
内枠有利は変わらず3番より内枠が5年連続で好走している


ベルカント(サクラバクシンオー×ボストンハーバー)
ファンタジーSは逃げて0.2秒差の完勝
小倉2歳Sは直線外に持ち出し内から差され2着
08年に3週目になってから逃げ馬は馬券に絡んでおらず
3番手以内から好走した馬も3頭しかいない
サクラバクシンオー産駒は10年に優勝
武豊騎手は朝日杯未勝利で勝てばJRAG1完全制覇

アトム(ディープインパクト×Rahy)
デイリー杯2歳Sは上がり最速で2着
レコードとタイム差なしで走破しており3着馬とは0.5秒差
新馬は阪神1600mを上がり最速で優勝
2着馬は未勝利をレコード勝ちし土曜日のひいらぎ賞を0.6秒差の圧勝
ディープインパクト産駒は10年に2,3着

マイネルディアベル(ナイキアディライト×トニービン)
京王杯2歳Sは逃げて0.2秒差の4着
くるみ賞は京王杯2歳Sより早い時計で優勝
Mデムーロ騎手は10,12年で優勝しており
外人騎手は3年連続で連対中

アジアエクスプレス(Henny Hughes×Running Stag)
ダートで2連勝しておりともに圧勝
2戦とも東京コースで上がり2位以内
父はストームキャット系で同系統はエイシンアポロン
ゴスホークケンが連対している
父の産駒にファルコンS、鞍馬Sと芝OP2勝のヘニーハウンドがいる

エルカミーノレアル(キングカメハメハ×アグネスタキオン)
福島2歳Sは上がり2位で0.2秒差の完勝
未勝利勝ちも福島1200mで挙げている
母は中山でフラワーCなど3勝
母の半弟ショウナンアルバはスプリングS3着
デビュー戦こそマイルで敗れたが中山は良さそう

ツィンクルソード(デュランダル×Lyphard)
京都1400mの500万は上がり最速で0.2秒差の完勝
半兄ペールギュントは04年の3着馬
母は94年の桜花賞2着

ショウナンアチーヴ(ショウナンカンプ×SS)
からまつ賞は上がり最速0.3秒差で優勝
直線で何度か前が塞がる場面もありながら最後は流す余裕で完勝だった
くるみ賞は上がり最速で0.2秒差の3着
新馬、未勝利は中山1200mで1,3着
ともに出遅れており新馬は大きく離された位置から追い込んでいた
デビュー以来4戦連続上がり最速
母は阪神JFの勝ち馬で近親にディープブリランテ
95年の勝ち馬バブルガムフェロー
母父SSは昨年3着独占、朝日杯は5連覇中
後藤騎手は04年に優勝

プレイアンドリアル(デュランダル×ティンバーカントリー)
東スポ杯2歳Sはレコード決着でクビ差の2着
地方馬でJRA初出走だった
コスモバルクと同じく地方からクラシックを目指す
東スポ杯2歳S出走馬は過去5年中4年で馬券に絡んでおり
そのうち3頭は東スポ杯2歳S連対馬

ウインフルブルーム(スペシャルウィーク×サクラユタカオー)
千両賞は逃げて上がり34.2を使い0.5秒差の完勝
野路菊Sは4番手から上がり2位でレコード決着の2着
外枠を引き内に先行馬が揃ったので控えるか
末脚はしっかりしているので差しても良さそう

ショウナンワダチ(ショウナンカンプ×クロフネ)
ベゴニア賞は上がり最速で優勝
上位6頭中5頭が2桁番手の差し決着を
直線入り口で前が壁になったが馬群を捌いて上がり33.6
新馬も東京1600mを上がり最速で0.3秒差の完勝
大外枠から馬券に絡んだのは87年まで遡る
8枠は11年にレオアクティブが3着


◎ショウナンアチーヴ
○アトム
▲ブレイアンドリアル
△ベルカント
△マイネルディアベル
△アジアエクスプレス
△エルカミーノレアル
△ツィンクルソード
△ウインフルブルーム
△ショウナンワダチ


にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村




nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(13) 
共通テーマ:競馬

nice! 13

コメント 2

chigeton

こんにちは!
最近予想神がかってますねー!
2週前からずっとパーフェクトじゃないですか!!
今週も楽しみに拝見させて頂きます
私も半分でいいんであやかりたいなあ(笑)
by chigeton (2013-12-17 13:32) 

やまちゃん

>chigetonさん

こんにちは~コメントありがとうございます!
最近の予想は自分でも驚くくらい好調ですね(^^;
穴狙いですしそんなに当たりは続かないと思いますが少しでも当たりに近づけるように予想したいと思います!

こうやって見てくれてる人がいると思うとまた違った意味で嬉しいです!
ありがとうございます!
by やまちゃん (2013-12-18 01:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 13

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。