So-net無料ブログ作成
検索選択

有馬記念2013 人気薄から見る好走馬の分析 [重賞分析]

◆有馬記念過去5年の前走レース別分析
           複勝率 複回収率
天皇賞秋 [2.0.1.4]  42.9% 125%
JC    [1.3.3.24] 22.6% 140%
菊花賞  [2.0.0.4]  33.3%  45%
エ女王杯 [0.1.0.2]  33.3%  46%
金鯱賞  [0.1.0.1]  50.0% 265%
中日新聞杯[0.0.1.0] 100.0% 1260%
ステイヤー[0.0.0.8]
AR共和国杯[0.0.0.4]

天皇賞・秋3頭は2,5,6着
3頭中2頭は2200mのG1勝ちと中山非根幹重賞で連対あり
残り1頭はその年に中山2200mで重賞勝ちがあった

JC7頭は12,5,3,2,8,11,3着
7頭中5頭は有馬記念か宝塚記念で3着以内あり
残り2頭は中山[1.3.3.1]で5着に敗れた日経賞は休み明け
日経賞3着の実績もあり日経賞3着時の勝ち馬は前年の有馬記念優勝馬のアドマイヤモナークと
皐月賞を含め中山2戦2勝、国内では複勝率100%のヴィクトワールピサ

菊花賞2頭は3冠馬オルフェーヴルと2冠馬ゴールドシップ
ともに父ステイゴールド、母父メジロマックイーン

エリザベス女王杯1頭は3着
3歳牝馬ながらその時点でG1を3勝
デビュー以来3着を外したことがなかったブエナビスタ

金鯱賞1頭はレコードで優勝
父ステイゴールド

中日新聞杯1頭は1着
2200mは1戦1勝、母は有馬記念3着


15頭中11頭が1桁馬番、6頭が6番より内枠
15頭中9頭は前走上がり3位以内
15頭中7頭がSSとノーザンテーストの血を持っていた
15頭中5頭は父SS系×母父ノーザンテーストorカーリアン
15頭中12頭は父か母父SS系
15頭中10頭は父SS系
残り5頭中4頭は父キングマンボ系
15頭中13頭は前走G1、7頭は3着以内
4着以下だった6頭は前走JCか天皇賞秋


◆過去5年の5番人気以下で3着以内になった馬
2008年
アドマイヤモナーク(ドリームウェル×トニービン)
14番人気2着 8枠14番 JC12着0.8
08年日経賞3着 中山[1.2.3.1] 着外は長期休み明け

エアシェイディ(SS×ノーザンテースト)
10番人気3着 4枠6番 天皇賞・秋5着0.1
08年AJCC1着 中山[2.4.1.3] 12~1月の中山[2.2.0.0]

2009年
エアシェイディ(SS×ノーザンテースト)
11番人気3着 3枠6番 JC5着0.6
08年AJCC1着 09年有馬記念3着 中山[2.5.2.4] 12~1月の中山[2.3.1.0]

2010年
トゥザグローリー(キングカメハメハ×SS)
14番人気3着 6枠11番 中日新聞杯1着0.3
2200m[1.0.0.0]

2011年
エイシンフラッシュ(King's Best×Platini)
7番人気2着 4枠5番 JC8着0.7
11年宝塚記念3着 中山[1.0.1.1] 着外は出遅れた前年の有馬記念

トゥザグローリー(キングカメハメハ×SS)
9番人気3着 5枠7番 JC11着0.8
10年有馬記念3着 中山[0.0.1.0]

2012年
オーシャンブルー(ステイゴールド×Dashing Blade)
10番人気2着 3枠6番 金鯱賞1着0.1

5番人気以下で馬券になった馬は7頭
7頭中5頭は前走天皇賞秋かJC
残り2頭はG2かG3で1着
7頭中4頭は父か母父SS
7頭中3頭は父SS系、残り4頭中3頭はキングマンボ系
7頭中3頭は中山2200か2500mの重賞で3着以内あり
7頭は生産者がノーザンファームか社台ファーム

★今年の登録段階での注目馬
エイシンフラッシュ(King's Best×Platini)
JCは押し出されるようにハナに立ち0.5秒差の10着
JCと有馬記念は4年連続出走でJCは8,8,9,10着
有馬記念は7,2,4着で昨年は直線内から一度は抜け出して見せ場を作った
キングマンボの血を持つ馬は3年連続好走中

ダノンバラード(ディープインパクト×Unbridled)
天皇賞秋は外枠から先行するも16着大敗
オールカマーは一度は先頭に立つ見せ場を作り0.1秒差の3着
宝塚記念は勝ち馬に離されたがジェンティルドンナ、フェノーメノに先着の2着
日経賞は7着に敗れたが後ろに控えすぎたか
AJCCは4角2番手から優勝し宝塚記念、オールカマーも4角2,3番手
日経賞でも自身の上がりは使っており積極的な競馬なら一変があっても

ナカヤマナイト(ステイゴールド×カコイシーズ)
JCは上がり34.0も0.4秒差の9着
天皇賞秋は1.6秒差の6着
今年は1,5,12,6,6,9着だが着外4戦はG1
中山芝は1,2,1,2,1,7,1着で7着は昨年の有馬記念だが
大外枠から4角から直線入り口までは
勝ち馬のゴールドシップを上回る脚を見せていた
内目の枠を引ければアッと言わせる力はありそう
ステイゴールド産駒は近4年で3勝2着1回


にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村




nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(29) 
共通テーマ:競馬

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 29

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。