So-net無料ブログ作成
検索選択

神戸新聞杯2014 人気薄から見る好走馬の分析 [重賞分析]

神戸新聞杯過去5年の前走距離分析
        複勝率 複回収率
延長[1.2.4.29]  19.4%  59%
同距[4.3.1.18]  30.8%  51%
短縮[0.0.0.8]  0%  0%

前走上がり
1位[1.2.1.9]  30.8%  40%
2位[2.0.2.10]  28.6%  42%
3位[1.0.0.9]  10.0%  11%

延長馬7頭中3頭は1000万を連対
2頭は連勝で1000万1着
残り4頭中3頭はラジオNIKKEI賞4,1,8着
3頭とも前々走1着
残り1頭は宝塚記念5着、前々走は白百合S1着

同距離馬8頭は全てダービーで2,13,2,1,1,2,5,2着
5着以下2頭はダービー2,3番人気かつG1馬
8頭全てG1連対実績があった
8頭中6頭はダービー上がり3位以内


15頭中7頭は2桁馬番、残り8頭中6頭は5番から内枠
15頭中9頭は前走上がり3位以内
15頭中11頭は前走4角5番手以下
15頭中10頭は今回4角5番手以下
15頭中14頭は父か母父SS系
父SS系以外の5頭中4頭は父ロベルト系かキングマンボ系
近3年の9頭中8頭がディープインパクト
ステイゴールドかハーツクライ産駒
15頭全て関西馬


◆過去3年の5番人気以下で3着以内になった馬
2009年
イコピコ(マンハッタンカフェ×ジェイドロバリー)
7番人気1着 3枠4番 ラジオNIKKEI賞4着0.2

セイウンワンダー(グラスワンダー×SS)
5番人気3着 7枠11番 ダービー13着2.6

2010年
ビッグウィーク(バゴ×SS)
5番人気3着 1枠1番 玄海特別1着0.1

2012年
ロードアクレイム(ディープインパクト×トニービン)
8番人気2着 4枠6番 ラジオNIKKEI賞8着0.8

2013年
マジェスティハーツ(ハーツクライ×ボストンハーバー)
7番人気2着 7枠15番 長久手特別1着0.0

5番人気以下で馬券になった馬は5頭
5頭中3頭は前走重賞4着以下
うち2頭はオープンで勝ち鞍あり
5頭中4頭は阪神外回りで1着あり
5頭中2頭は母父SS


★今年の登録段階での注目馬
キネオペガサス(コンデュイット×SS)
プリンシパルSは上がり2位で0.1秒差の2着
山藤賞は上がり2位で0.4秒差の完勝
中山2000mの未勝利は0.6秒差で圧勝
キャリア7戦で4着以下なし
芝は6戦6連対、4戦で上がり2位
半兄ベルシャザールはダートG1馬だが
3歳時にダービー3着、スプリングS2着がある
母父SSは10年にワンスリー、07年2着

サトノアラジン(ディープインパクト×Storm Cat)
九州スポーツ杯は上がり最速で0.5秒差の圧勝
茶臼山高原特別は上がり最速で0.4秒差の完勝
新馬を圧勝しクラシックを期待されたが
重賞では1,1,2番人気で5,3,3着ち賞金を加算できなかったが
夏に復帰後は2連勝
全姉ラキシスも3歳秋に500万、1000万を連勝し
エリザベス女王杯では条件馬ながら2着に好走
ダービー馬相手にも今なら好勝負できるか

ヴォルシェーブ(ネオユニヴァース×Thunder Gulch)
芦ノ湖特別は上がり3位で優勝
3歳6月に古馬相手の1000万を勝利
セントポーリア賞は上がり2位で
重賞でも好走実績のあるクラリティシチーを降し優勝
半兄リルダヴァルはOP特別3勝し重賞3着が5回
母はディープインパクトの半姉


にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村








nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(14) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 14

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。