So-net無料ブログ作成
検索選択

マイルCS2014 結論 [G1予想]

◆マイルCS過去5年のラップ
2009年 34.8-23.9-34.5 1.33.2 58.7(47.2-46.0) 7番手 上がり3F33.5 良(小雨)
(12.1-10.9-11.8-12.4-11.5-11.4-11.2-11.9) カンパニー

2010年 33.7-23.0-35.1 1.31.8 56.7(45.3-46.5) 7番手 上がり3F34.3 良
(12.1-10.7-10.9-11.6-11.4-11.1-11.9-12.1) エーシンフォワード

2011年 34.4-25.2-35.3 1.33.9 58.6(46.7-47.2) 4番手 上がり3F34.9 稍重
(12.4-10.8-11.2-12.3-11.9-11.8-11.6-11.9) エイシンアポロン

2012年 35.0-13.2-34.7 1.32.9 58.2(46.9-46.0) 7番手 上がり3F34.1 稍重
(12.5-11.1-11.4-11.9-11.3-11.3-11.5-11.9) サダムパテック

2013年 35.1-23.2-34.1 1.32.4 58.3(46.8-45.6) 14番手 上がり3F33.3 良
(12.5-11.1-11.5-11.7-11.5-11.2-11.4-11.5) トーセンラー

11年は1枠1番は4角2番手から粘り込み
10年は内から13番人気が差してレコード決着
09年は逃げ馬がスローに落とし14番人気2着
09~11年で3年連続3連単は10万以上、09~12年で3連複は90倍以上だが
2桁人気馬が内を通って人気薄が波乱を演出している
近2年も10,6番人気の逃げ馬が4着に粘っている


ホウライアキコ(ヨハネスブルグ×SS)
NHKマイルCは4角2番手から粘るも0.1秒差の5着
桜花賞は0.3秒差の4着
2歳時は3連勝で小倉2歳S、デイリー杯2歳Sを優勝
新馬とデイリー杯2歳Sはレコード勝ち
休み明けはフィリーズレビューで5着に敗れており
初の古馬相手がG1と条件は厳しいが
高速決着や内枠はプラスになりそう
父ストームキャット系は10,11年に優勝している

グランデッツァ(アグネスタキオン×Marju)
毎日王冠は0.3秒差の5着
函館記念は前崩れの展開を先行し10着
京都芝は1戦1勝、都大路Sをレコードで0.9秒差の圧勝
東京は3戦して10,11,5着なのでコース変わりはプラスか
半姉マルセリーナは桜花賞馬

サダムパテック(フジキセキ×エリシオ)
スワンSは上がり33.8で10着
今年は6戦して5戦は7着以下だが
夏の中京記念は58キロを背負い優勝
12年のマイルCSは天皇賞秋から短縮ローテで1枠1番から優勝しているが
昨年はスワンS3着からマイルCSは7着に敗れており
今年も昨年と同じ延長ローテ

レッドアリオン(アグネスタキオン×ダンシングブレーヴ)
富士Sは上がり最速で0.1秒差の3着
西宮Sは上がり最速で0.3秒差の完勝
急坂コースで実績があり
京都は4,3,5,4,9着
全兄リディル、半兄クラレントはデイリー杯2歳Sを優勝しているが
マイルCSで共に人気を裏切っており相性が悪いレース

ダイワマッジョーレ(ダイワメジャー×Law Society)
毎日王冠は上がり33.7も0.6秒差の14着
昨年の2着馬だが今年は3戦して8,11,14着と成績が悪い
ただ休み明けと急坂コースと条件が悪かった可能性も
京都は3戦して1,2,2着と凡走していない

エキストラエンド(ディープインパクト×Garde Royale)
富士Sは上がり2位で0.1秒差の5着
京成杯AHは0.9秒差の14着
今年は年明けに初マイルで京都金杯を優勝
マイラーズCはレコードの3着
京都は4,1,3,5,1,3着と掲示板外がない

フィエロ(ディープインパクト×Danehill)
スワンSは上がり最速で0.1秒差の3着
不良馬場の安田記念は0.8秒差の8着
マイラーズCはレコード決着の2着
阪神・京都は2,1,1,2,3着と4着以下がない
ディープインパクト産駒は昨年ワンスリー

ワールドエース(ディープインパクト×Acatenango)
毎日王冠は大外枠も響いたか上がり33.5も13着
安田記念は0.6秒差の5着
マイラーズCは初のマイルで1.31.4のレコードで完勝
4着以下4回は全て東京
右回りは連を外しておらず京都は重賞2勝
ディープインパクト産駒は2年連続好走中

ロゴタイプ(ローエングリン×SS)
毎日王冠は0.4秒差の6着
内枠が上位を占めており大外枠が響いたか
今年は4戦して3,6,8,6着、中山記念は58キロを背負い3着
昨年は皐月賞をレコードで制している
マイルは2歳以来、2戦2勝で朝日杯FSを優勝し
ベゴニア賞ではレコードで完勝している
ルメール騎手は04,05,11年で好走している

クラレント(ダンスインザダーク×ダンシングブレーヴ)
京成杯AHは58キロを背負い優勝
関屋記念は外からダノンシャークを差し切り優勝
重賞を6勝しているがG1は大敗が多く
昨年のマイルCSは4番人気で11着に敗れている
古馬になってから京都は8,11着
3歳以降は重賞5勝が全て左回りのG3

ダノンシャーク(ディープインパクト×Caerleon)
京都芝は11戦して[3.4.3.2]
着外は初の1400mだったスワンS4着と
直線不利がありながら0.4秒差だった12年のマイルCS
今年は東京新聞杯が雪で順延した影響で
ローテが狂いリズムを悪くした印象
G3では全て1番人気に支持されながら9,2,7着
昨年は6戦して全て3着以内に好走しており
マイルCSは1番人気に支持され3着
相性が良い京都で復活できるか

トーセンラー(ディープインパクト×Lycius)
京都大賞典は1番人気に支持されてが上がり2位も3着
今年も京都記念で始動したが2着に敗れ、安田記念は14着大敗
京都芝は1,3,1,3,4,1,2,3,1,2,3着と大崩れしない
マイルCSは昨年初マイルで0.2秒差の完勝
昨年と同じローテで連覇の期待がかかる

グランプリボス(サクラバクシンオー×SS)
スプリンターズSは0.1秒差の4着
安田記念は16番人気ながらハナ差の2着
昨年のマイルCSは9着に敗れたが一昨年はタイム差なしの2着
京都は大敗も多いが重賞2勝しており
鞍上三浦騎手とは2戦して崩れていないので
今年は一昨年の再現があっても
安田記念も2→10→2着と前年は大敗していた

ミッキーアイル(ディープインパクト×Rock of Gibraltar)
スワンSは3歳ながら57キロを背負い優勝
安田記念は2番人気に支持されたが不良馬場が堪えたか16着
NHKマイルCは1番人気に支持され逃げ切り
アーリントンCは0.6秒差の圧勝
京都は3戦3勝、2歳時には未勝利を1.32.3のレコードで圧勝

タガノグランパ(キングカメハメハ×スペシャルウィーク)
菊花賞は0.8秒差の4着
セントライト記念は0.2秒差の3着
ダービーも4着と好走しており
走ってもなかなか人気にならない
京都はシンザン記念で3着がある
キングカメハメハ産駒は11年2着

サンレイレーザー(ラスカルスズカ×Cozzene)
毎日王冠は逃げてタイム差なしの2着
関屋記念は0.6秒差の7着
右回りで直線が長いコースは1,4,1,1,5,3,2,2,6,5,4,3着
京都は4,1,3,2,6着で昨年のマイルCSは上がり2位で6着
外枠なので控える競馬をするか


◎ロゴタイプ
○ワールドエース
▲ミッキーアイル
△グレンデッツァ
△エキストラエンド
△フィエロ
△ダノンシャーク
△トーセンラー
△グランプリボス


にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村








nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(13) 
共通テーマ:競馬

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 13

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。