So-net無料ブログ作成
検索選択

ジャパンカップ2014 結論 [G1予想]

◆ジャパンカップ過去5年のラップ
2009年 35.2-36.0-36.1-35.1 2.22.4 (59.0-59.1) 5番手 上がり3F34.8 良
(12.7-10.5-12.0-12.0-11.8-12.2-12.1-12.0-12.0-11.4-11.4-12.3) ウオッカ

2010年 36.4-37.0-37.1-34.4 2.24.9 (60.7-58.6) 6番手 上がり3F34.2 良
(12.8-11.7-11.9-12.3-12.0-12.7-12.9-12.0-12.2-11.2-11.3-11.9) ローズキングダム

2011年 37.1-37.0-35.6-34.5 2.24.2 (61.8-57.6) 6番手 上がり3F33.9 良
(13.0-11.7-12.4-12.5-12.2-12.3-12.5-11.9-11.2-11.0-11.5-12.0) ブエナビスタ

2012年 35.8-36.5-36.1-34.7 2.23.1 (60.2-58.6) 6番手 上がり3F32.8 良
(12.8-11.0-12.0-12.3-12.1-12.1-12.2-12.0-11.9-11.7-11.5-11.5) ジェンティルドンナ

2013年 37.0-38.2-36.8-34.1 2.26.1 (62.4-58.1) 4番手 上がり3F33.9 良
(12.8-11.4-12.8-12.8-12.6-12.8-12.8-12.4-11.6-11.1-11.1-11.9) ジェンティルドンナ

近年はスローで流れることが多く09年を除けば1000m通過は60秒以上
残り1000mから早くなり上がり3Fだけのレースにはなりにくい
人気馬が強いが5番人気以下が好走する場合もG1実績があり
特に東京G1で3着以内に好走した馬が多い
前半はゆったり流れるので内が有利な印象
牝馬が3連勝中で5年連続連対中


ジャスタウェイ(ハーツクライ×Wild Again)
凱旋門賞は休み明けで実績のない久々の2400m
1600mからの大幅な距離延長と厳しい条件が重なり
最後は伸びていたが8着
安田記念は2着馬との叩き合いを制し優勝
ドバイDFは1.45.5のレコードで圧勝
2000m以上は昨年の天皇賞秋が初勝利
距離が長い印象があるが今なら問題ないか

アイヴァンホウ(Soldier Hollow×Sternkoenig)
ドイツの馬で前走は独G1を優勝
2400mG1を2勝しているが勝ちタイムは2.36.3と2.38.3
バーデン大賞では独ダービーを圧勝したシーザムーンを降した
凱旋門賞は18着に敗れている
父はサドラーズウェルズ系、04年のドイツ年度代表馬
父父In the Wingsは96年のジャパンCを制したシングスピールを輩出
母父はグレイゾヴリン系

ジェンティルドンナ(ディープインパクト×Bertolini)
天皇賞秋は直線狭くなる場面もあり2着
宝塚記念は1.2秒差の9着
ドバイCSは直線なかなか前が空かず頭を上げる場面もあったが
強引に外に持ち出すと差し切り完勝
東京は1,1,2,1,2着で2400mは3戦3勝でJCは連覇中
外人騎手とは2,1,1,1,1着
ムーア騎手とは昨年のJCと今年のドバイCSを優勝

エピファネイア(シンボリクリスエス×スペシャルウィーク)
天皇賞秋は飛び上がるようなスタートから
道中は折り合いを欠いて0.2秒差の6着
クイーンエリザベス2世Cは0.7秒差の4着
大阪杯は上がり2位で0.3秒差の3着
昨年は菊花賞を0.8秒差の圧勝
ダービーは道中躓く場面もありながら2着
スミヨン騎手を背に一変できるか

ハープスター(ディープインパクト×ファルブラヴ)
凱旋門賞は直線内を狙おうとしたが空かず
外に持ち出すロスがあり最後は追い込んできたが6着
札幌記念はゴールドシップを降し優勝
オークスはヌーヴォレコルトを差せず2着
桜花賞は大外から差し切り優勝
ディープインパクト産駒の3歳牝馬は2年連続連対中

アップウィズザバーズ(Stormy Atlantic×Seeking the Gold)
カナダの馬で前走はG3を3着
G1は3歳時にハンデ戦で優勝している
重賞連対は1800m以下
父はストームキャット系、
産駒にNHKマイルC4着のシベリアンバードがいる
母父は日本でも実績があるSeeking the Gold

デニムアンドルビー(ディープインパクト×キングカメハメハ)
天皇賞秋は直線進路が空かない場面もあり
上がり3位も0.2秒差の7着
宝塚記念は0.7秒差の5着
昨年のJCは上がり最速でハナ差の2着
東京は5戦して全て上がり3位以内
スムーズなレース運びが出来れば巻き返し可能か

イスラボニータ(フジキセキ×Cozzene)
天皇賞秋は1番人気に支持されたが0.1秒差の3着
セントライト記念は0.2秒差の完勝
ダービーは0.1秒差の2着
デビュー以来[6.2.1.0]と4着以下なし
東京は4勝している
フジキセキ産駒は06年2着

ワンアンドオンリー(ハーツクライ×タイキシャトル)
菊花賞は内枠がレコードでワンツーする展開で
外枠から先行したのが響いたか1番人気を裏切り9着
神戸新聞杯は4角から早めに動き
一度は2着馬に差されながらも差し替えし優勝
ダービーは内枠から好位でレースを進め上がり2位で優勝
トニービンの血を持つ馬は過去5年中4年で好走
3歳馬も5年中4年で好走している
3歳牡馬は10年にローズキングダムが優勝

トーセンジョーダン(ジャングルポケット×ノーザンテースト)
天皇賞秋は17着、4戦連続8着以下
昨年のJCは13,11着で2.3秒以上大敗後に11番人気3着
12年は天皇賞春で2着に好走しており
11年は天皇賞秋をレコードで制しJC2着
毎年G1で好走しており今年も復活できるか

スピルバーグ(ディープインパクト×Lycius)
天皇賞秋は上がり最速で優勝
直線外に持ち出すとジェンティルドンナを
あっさり交わし重賞初制覇がG1制覇
毎日王冠は直線前が空かなかったが最後は追い込み0.1秒差の3着
東京は[6.1.2.1]で着外はダービー14着
北村騎手とは[5.1.2.0]と相性抜群

フェノーメノ(ステイゴールド×Danehill)
休み明けの天皇賞秋は3番人気に支持されたが14着
今年は日経賞を約9ヶ月ぶりで5着し天皇賞春は連覇
3歳時は青葉賞を制しダービー、天皇賞秋で2着
JCは0.8秒差の5着
4歳以降は上がり34.3以上で優勝しており
上がり33秒台を要求される高速上がりのレースはどうか

トレーディングレザー(Teofilo×Sinndar)
アイルランドの馬で前走は愛チャンピオンS3着
エクリプスS、インターナショナルS、キングジョージで2着しており
3歳時は愛ダービーを優勝している
父はサドラーズウェルズ系で2歳時に5戦5勝、父父はGalileo
母父はダンチヒ系のSinndarで
福島TVオープンを優勝したムーンリットレイクの母父



◎ジャスタウェイ
○ハープスター
▲ジェンティルドンナ
△エピファネイア
△デニムアンドルビー
△イスラボニータ
△ワンアンドオンリー


にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村








nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(14) 
共通テーマ:競馬

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 14

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。