So-net無料ブログ作成
検索選択

阪神JF2014 結論 [G1予想]

◆過去5年阪神JFのラップ
2009年 35.1-24.5-35.3 1.34.9 59.6(47.3-47.6) 10番手 上がり3F34.3 良
(12.2-11.0-11.9-12.2-12.3-11.8-11.1-12.4) アパパネ

2010年 35.8-25.4-34.5 1.35.7 61.2(48.5-47.2) 11番手 上がり3F33.9 良
(12.5-11.2-12.1-12.7-12.7-11.7-11.2-11.6) レーヴディソール

2011年 35.8-24.4-34.7 1.34.9 60.2(48.0-46.9) 10番手 上がり3F34.1 良
(12.6-11.1-12.1-12.2-12.2-11.7-11.0-12.0) ジョワドヴィーヴル

2012年 34.1-23.7-36.4 1.34.2 57.8(45.9-48.3) 8番手 上がり3F35.9 良
(12.4-10.5-11.2-11.8-11.9-12.2-11.5-12.7) ローブティサージュ

2013年 34.2-24.2-35.5 1.33.9 58.4(46.3-47.6) 8番手 上がり3F34.1 良
(12.2-10.6-11.4-12.1-12.1-11.7-11.6-12.2) レッドリヴェール

10年こそ中盤2Fが12.7-12.7の25.4と緩み残り1Fまで11秒台が続いた
他の4年中3年は12秒台前半で24.2~24.5、12年はさらに早く23.7
15頭中10頭は4角6番手以下
4角2桁番手の馬が6頭馬券になっているように基本は差し有利
2桁馬番の馬が毎年馬券になっており11年は3着独占
レース上がりが35秒台後半から36秒台になると父非SS系が上位に来やすい


ロカ(ハービンジャー×ダンスインザダーク)
新馬は上がり最速で0.5秒差の完勝
直線外に持ち出すとあっさり抜け出し流して上がり33.2
母は未勝利だが半兄にディープインパクトがいる
ハービンジャー産駒はオープンで3,5,6,2,4番人気で10,4,6,5,4着
ノーザンファームの生産馬は7年連続連対中、07~12年まで6連覇

エフェクト(スクワートルスクワート×スペシャルウィーク)
ファンタジーSは11番人気だったが上がり33.8で0.2秒差の4着
デビュー2戦は新馬、ひまわり賞と九州産馬限定戦を連勝
スクワートルスクワート産駒は1600m[2.3.3.37]
1600mに距離が伸びるのはどうか

アルマオンディーナ(キンシャサノキセキ×ノーザンテースト)
新馬は京都1400mを上がり2位で優勝
直線早めに抜け出すと最後は流して完勝
半兄に菊花賞2着のスカイディグニティ
新潟大賞典を優勝したゴールデンダリアとは
父と父父が同じ3/4同血
キンシャサノキセキ産駒は1600m[0.0.2.15]

ココロノアイ(ステイゴールド×デインヒル)
アルテミスSは4角3番手から押し切り優勝
スタート出遅れ引っ掛かり一気にポジションを上げていたが
直線ではレッツゴードンキの追撃をハナ差抑えた
未勝利は上がり最速で最後は流して0.4秒差の完勝
祖母は桜花賞とオークス3着
曾祖母はクラシック2冠のマックスビューティ
ステイゴールド産駒は13年に優勝
母方にデインヒルを持つ馬はフェノーメノ、ナカヤマフェスタがいる

スマートプラネット(フルブラヴ×アルカセット)
アルテミスSは4角3番手から0.3秒差の5着
サフラン賞は逃げて0.5秒差の圧勝
新潟1400mの未勝利は上がり2位で優勝
1,2戦目は東京1400mを上がり1位、3位で2着
ファルブラヴ産駒で母父キングマンボ系は
アイムユアーズが11年2着

トーセンラーク(アルデバラン2×タバスコキャット)
兵庫ジュニアGPは3着
アルテミスSは0.2秒差の3着
クローバー賞は2番手から押し切り優勝
デビューから6戦して掲示板外はなし
マイルは未勝利を上がり最速で優勝している

オーミアリス(ホワイトマズル×Royal Academy)
小倉2歳Sは上がり最速で優勝
スタート出遅れたが大外を強襲し差し切った
新馬は小倉1200を上がり2位で同着優勝
母は未勝利だが半兄に朝日杯3歳Sを優勝したリンドシェーバーがいる
前走1200mの馬は外回りになってから[0.0.0.15]、14頭は2桁着順
ほとんど2桁人気だが11年にエピセアロームが2番人気8着

クールホタルビ(マツリダゴッホ×ヘクタープロテクター)
ファンタジーSは3番手から上がり33.9で優勝
小倉2歳Sは1.1秒差の13着
フェニックス賞は逃げて上がり3位で0.1秒差の2着
新馬は阪神1200mを0.6秒差の圧勝
ファンタジーS組は8年中6年で好走している
マツリダゴッホ産駒は1600m[1.6.5.58]

レッツゴードンキ(キングカメハメハ×マーベラスサンデー)
アルテミスSは上がり2位でハナ差の2着
直線は外に持ち出せず内に入れるのを待つロスがあった
札幌2歳Sはスタート出遅れながら0.2秒差の3着
新馬は札幌1800mを0.5秒差の楽勝
キングカメハメハ産駒は09年に優勝している

カボスチャン(タニノギムレット×SS)
新馬は東京1800mを4角4番手から優勝
残り300mで先頭に立つと上がり33.8で後続の追撃を抑えた
タニノギムレット産駒は06年に優勝

コートシャルマン(ハーツクライ×Smart Strike)
りんどう賞は上がり2位で優勝
2着馬はファンタジーSで2着のダノングラシアス
新馬は中京1400mを上がり最速で優勝
半兄に安田記念の勝ち馬ストロングリターン
半姉に桜花賞2着、スプリンターズS3着のレッドオーヴァルがいる
ハーツクライ産駒は12年に10番人気3着、1番人気4着

レオパルディナ(スニッツェル×Seeking the Gold)
ファンタジーSは後方から上がり3位も0.2秒差の6着
小倉2歳Sは直線外目に持ち出しハナ差の2着
フェニックス賞は上がり2位で優勝
スニッツェル産駒は1600m[0.0.1.13]

ショウナンアデラ(ディープインパクト×Elusive Quality)
からまつ賞は上がり3位で優勝
残り300m付近から追い出すと最後は流して着差以上の完勝
未勝利は東京1600mを上がり最速で0.2秒差の完勝
新馬は新潟1600mを上がり2位でタイム差なしの2着
勝ち馬はききょうSと制しデイリー杯2歳S3着のナヴィオン
ディープインパクト産駒は11年に優勝し13年2着

ダノングラシアス(マンハッタンカフェ×Grand Slam)
ファンタジーSは上がり3位で0.1秒差の2着
りんどう賞は上がり2位でタイム差なしの2着
新馬は新潟1400mを0.1秒差で優勝
ビュイック騎手は今年京都2歳Sを優勝
昨年は重賞2勝しJCを11番人気3着

ムーンエクスプレス(アドマイヤムーン×メジロライアン)
秋明菊賞は上がり3位で0.2秒差の完勝
3番手から抜け出すと最後は流してレコード勝ち
ファンタジーSは0.2秒差の5着
新馬から未勝利勝ちまでは1200mで2,3,1着
母は1勝馬だが半弟に朝日杯FSの勝ち馬コスモサンビームがいる


◎ショウナンアデラ
○レッツゴードンキ
▲コートシャルマン
△ロカ
△ココロノアイ
△スマートプラネット


にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村








nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(12) 
共通テーマ:競馬

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 12

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。