So-net無料ブログ作成
検索選択

朝日杯FS2014 結論 [G1予想]

◆朝日杯FS過去5年のラップ
2009年 34.2-24.2-35.6 1.34.0 58.4(46.1-47.9) 8番手 上がり3F34.7 良
(12.0-10.8-11.4-11.9-12.3-12.3-11.7-11.6) ローズキングダム

2010年 34.7-23.9-35.3 1.33.9 58.6(46.6-47.3) 7番手 上がり3F34.5 良
(12.2-11.0-11.5-11.9-12.0-11.7-11.6-12.0) グランプリボス

2011年 34.5-23.3-35.6 1.33.4 57.8(45.9-47.5) 3番手 上がり3F35.3 良
(12.2-11.0-11.3-11.4-11.9-12.0-11.7-11.9) アルフレード

2012年 33.9-23.4-36.1 1.33.4 57.3(45.4-48.0) 2番手 上がり3F36.1 良
(12.1-10.8-11.0-11.5-11.9-12.2-11.8-12.1) ロゴタイプ

2013年 35.1-23.5-36.1 1.34.7 58.6(46.8-47.9) 7番手 上がり3F35.3 良
(12.7-11.0-11.4-11.7-11.8-12.2-11.8-12.1) アジアエクスプレス

1000m通過は5年中3年で58秒台、11,12年は57.8,57.3
テン3Fは5年中3年で34秒台だが13年は33.9と速く上がり3Fは36.1かかっている
今年から阪神1600mで施工され中山では父非SS系が7連勝中
阪神JFでは5年中4年で父SS系が優勝しており父SS系の優勝が多くなりそう


ネオルミエール(ネオユニヴァース×ブライアンズタイム)
いちょうSは上がり2位で0.3秒差の2着
新馬は新潟1600mを上がり2位で優勝
半兄フラムドグロワールはNHKマイルC3着
朝日杯FSは12年に3着している
母はオークス馬で桜花賞3着
ネオユニヴァース産駒の牡馬セン馬は1600m重賞で[0.3.4.38]

ダノンプラチナ(ディープインパクト×Unbridled's Song)
ベゴニア賞は上がり2位で優勝
楽な手応えで逃げ馬を捕らえると0.5秒差の完勝
未勝利は東京1600mを上がり2位で0.7秒差の圧勝
近親にナリタトップロード、マツリダゴッホがいる
ディープインパクト産駒は桜花賞4連覇中
阪神JFでは先週ショウナンアデラが優勝するなど2勝
土曜のリゲルSも同産駒が優勝している

コスモナインボール(ハイアーゲーム×Charismatic)
アイビーSは好スタートから先行し
残り200mで先頭に立つと後続を抑え優勝
アスター賞は4角2番手から上がり3位で優勝
3連勝中だが常に人気がなく12,4,7番人気で勝利している
父は重賞2勝しダービー3着がある

ケツァルテナンゴ(チチカステナンゴ×クロフネ)
デイリー杯2歳Sは道中折り合いを欠く場面もあり
直線大外に持ち出すも6着
中京2歳Sは上がり最速で0.2秒差の1着
終始引っかかり頭を上げ、直線では他馬とぶつかりながら完勝
新馬は阪神1600mを上がり最速で0.1秒差の1着
この時も頭を何度も上げ折り合いを欠いていた
チチカステナンゴ産駒は阪神1600m[1.2.4.9]

タガノアガザイル(バゴ×アドマイヤベガ)
万両賞は直線外に持ち出すと3頭の叩きあいを制し優勝
カンナSは0.5秒差の5着
阪神は2戦して2,1着
バゴ産駒は阪神1600m未勝利だがオウケンサクラが桜花賞2着

アルマワイオリ(マツリダゴッホ×ピルサドスキー)
デイリー杯2歳Sは道中折り合いを欠き0.5秒差の4着
もみじSはややスタート出遅れ後方を追走
直線は外に持ち出すと上がり2位で0.2秒差の完勝
札幌2歳Sは前崩れの展開を2番手追走し0.4秒差の6着
新馬は札幌1500mを逃げて上がり最速で圧勝
母の半兄に重賞2勝のスエヒロコマンダー
祖母スエヒロジョウオーは阪神3歳牝馬Sの勝ち馬

セカンドテーブル(トワイニング×SS)
京王杯2歳Sは逃げて0.2秒差の完勝
小倉2歳Sは後方から上がり3位で0.7秒差の7着
新馬は小倉1200mを2番手から上がり最速で0.8秒差の完勝
トワイニング産駒はフサイチアソートが東スポ杯2歳Sを優勝
ドリームガードナーがシンザン記念2着

ナヴィオン(ハーツクライ×ラストタイクーン)
デイリー杯2歳Sは1番人気に支持されたが
直線内を突くも上がり2位で0.3秒差の3着
ききょうSは上がり最速で0.1秒差の1着
新潟2歳Sは最後方から直線大外に持ち出すも上がり2位で6着
ハーツクライ産駒は阪神1600m重賞で複勝率33.3%

アッシュゴールド(ステイゴールド×メジロマックイーン)
デイリー杯2歳Sは上がり最速で0.1秒差の2着
未勝利は京都1600mを上がり最速で優勝
2着馬に押し切られてもおかしくない展開だったが
直線外から猛然と追い詰め着差以上に余裕がある差し切り
新馬は中京1600mで1.8倍の人気に支持されたが
道中は内で揉まれ折り合いも欠いて0.9秒差の6着
全兄ドリームジャーニーは朝日杯FSを優勝、阪神重賞4勝
オルフェーヴルも阪神重賞4勝
阪神外回りで行われたスプリングSから快進撃が始まった

ジャストドゥイング(ゼンノロブロイ×フレンチデピュティ)
東スポ杯2歳Sは+12キロが堪えたか0.6秒差の10着
芙蓉Sは上がり最速で優勝
新馬は札幌2歳Sを優勝したブライトエンブレムの2着
ゼンノロブロイ×フレンチデピュティの配合馬は
阪神JFでアニメイトバイオが09年2着

アクティブミノル(スタチューオブリバティ×アグネスタキオン)
京王杯2歳Sは好スタートを切ったが控えて0.6秒差の6着
函館2歳Sは逃げて0.2秒差の完勝
新馬は函館1200mを逃げて上がり最速で楽勝
スタチューオブリバティ産駒は1600m[2.2.1.31]

ペプチドウォヘッド(キングカメハメハ×バブルガムフェロー)
もちの木賞は上がり2位で0.5秒差の完勝
新馬は京都1800mを1.1秒差の圧勝
兄姉には芝で勝利を挙げた馬もいる
キングカメハメハ産駒は阪神1600m重賞4勝
阪神JFでは先週レッツゴードンキが2着
初芝でムーア騎手は昨年優勝したアジアエクスプレスと同じ

クラリティスカイ(クロフネ×スペシャルウィーク)
いちょうSSはレコードで0.3秒差の完勝
未勝利は阪神1800mを上がり最速で0.3秒差の完勝
クロフネ産駒は05年にフサイチリシャールが朝日杯FSを優勝
阪神1600mはクロフネサプライズがチューリップ賞を優勝
阪神JFでは2着2回、3着1回ある

タガノエスプレッソ(ブラックタイド×キングカメハメハ)
デイリー杯2歳Sは上がり2位で0.1秒差の優勝
初勝利は京都1800mを上がり2位で優勝
直線は最内を突き2着馬の追撃を交わした、3着とは0.4秒差
阪神1600mの未勝利は上がり最速で0.1秒差の2着
新馬は新潟1400mを上がり最速で3着
勝ち馬はファンタジーS2着

ブライトエンブレム(ネオユニヴァース×ウォーエンブレム)
札幌2歳Sは上がり最速で0.2秒差の完勝
3着馬は阪神JF2着のレッツゴードンキ
新馬は東京1600mを上がり最速で0.2秒差の完勝
2着馬は芙蓉Sの勝ち馬ジャストドゥイング
ネオユニヴァース産駒は連勝が多く
ヴィクトワールピサは5連勝で皐月賞、3連勝でドバイWCを優勝
ロジユニヴァースは4連勝で重賞3連勝しその後ダービーを制している
アンライバルドは3連勝で皐月賞を制覇しゴールスキーは3連勝しマイルCS3着
阪神JFは昨年フォーエバーモアが新馬、サフラン賞を連勝し3着
ミクロコスモスは新馬1着後に3着に好走している

ペイシャオブロー(ルールオブロー×ダンスインザダーク)
福島2歳Sは上がり2位でレコードタイムで優勝
カンナSは0.9秒差の7着
すずらん賞は上がり3位で優勝
初勝利は札幌1800mを1200mからの距離延長で0.7秒差の完勝
ルールオブロー産駒は1600m[1.5.3.66]


◎ナヴィオン
○ブライトエンブレム
▲クラリティスカイ
△ネオルミエール
△ダノンプラチナ
△ケツァルテナンゴ
△アッシュゴールド
△ペプチドウォヘッド


にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村








nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(21) 
共通テーマ:競馬

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 21

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。