So-net無料ブログ作成

ホープフルS2014 結論 [予想]

◆ホープフルS過去5年のラップ
2009年 35.9-50.9-35.4 2.02.2 (60.5-61.7) 2番手 上がり3F35.3 良
(12.2-11.7-12.0-12.2-12.4-13.3-13.0-12.2-11.4-11.8) アリゼオ

2010年 34.9-50.6-34.9 2.00.4 (60.2-60.2) 2番手 上がり3F34.7 良
(12.2-11.0-11.7-12.7-12.6-12.7-12.6-11.7-11.5-11.7) ベルシャザール

2011年 35.2-51.2-35.0 2.01.4 (61.2-60.2) 4番手 上がり3F34.5 良
(12.2-10.8-12.2-12.9-13.1-12.4-12.8-12.0-11.1-11.9) アドマイヤブルー

2012年 35.5-50.2-35.9 2.01.6 (60.8-60.8) 6番手 上がり3F35.3 良
(12.5-11.0-12.0-12.5-12.8-12.3-12.6-12.1-11.7-12.1) サトノネプチューン

2013年 36.1-48.5-37.4 2.02.2 (60.6-61.4) 4番手 上がり3F36.7 良
(12.7-11.3-12.1-12.3-12.2-11.9-12.1-12.3-12.4-12.7) エアアンセム

1000m通過は60.2~61.2
最も遅かった11年以外は前半1000mは後半1000mと同じか早い
好走馬の上がり3Fの最速は34.4
昨年は上がり36.5~36.7とかなりかかっていた
外人騎手が6連勝中
近5年はシンボリクリスエス産駒が3勝、キングカメハメハ産駒が2勝


タンタアレグリア(ゼンノロブロイ×Stuka)
前走は東京2000mの未勝利を後方から上がり最速で優勝
2走前は新潟1600mの未勝利を上がり2位でハナ差の2着
4,5,6着馬が次走で勝ち上がっている
新馬は福島1800mを上がり最速で2着
半姉パララサルーは中山4戦4勝
紫苑SとアネモネSでOP特別を優勝している

レトロロック(ディープインパクト×シンボリクリスエス)
シクラメン賞は1番人気に支持されたが1.1秒差の6着
黄菊賞は上がり3位でタイム差なしの2着
勝ち馬は次走京都2歳Sを制している
新馬は小倉1800mを上がり最速で優勝
祖母はマイルCSなど重賞を6勝したシンコウラブリイ
母父シンボリクリスエスは父として3勝を挙げている

ソールインパクト(ディープインパクト×Exchange Rate)
ディープインパクト産駒は2年連続2着
東スポ杯2歳Sは0.1秒差の3着
未勝利は東京1600mを上がり最速で優勝
新馬は新潟1600mを上がり33.8で0.2秒差の2着
勝ち馬は新潟2歳Sをレコード勝ちするミュゼスルタン
デビューから3戦連続上がり33秒台

マイネルシュバリエ(バトルプラン×スペシャルウィーク)
東スポ杯2歳Sは前崩れの展開を逃げて12着
札幌2歳Sは11番人気ながた0.2秒差の2着
新馬は福島1800mを上がり3位で0.2秒差の完勝
デビューから3戦の上がりは35.8以上
ホープフルSは上がり36秒台でも連対することがあり
すんなり先行出来れば東京→中山変わりで一変しても
半妹マイネグレヴィルは札幌2歳SとフラワーCで2着
牡馬相手に京成杯で5着と牝馬ながら好走している

コメート(ブラックタイド×アフリート)
きんもくせい特別は上がり3位で優勝
新潟2歳Sは0.4秒差の4着
未勝利は福島1800mを上がり最速で優勝
父ブラックタイドはディープインパクトの全兄で
中山で重賞勝ちしている

ブラックバゴ(バゴ×ステイゴールド)
未勝利は東京1800mを上がり2位で優勝
新馬は新潟1800mを上がり最速で2着
バゴ産駒は中山2000m[3.1.1.14]と悪くなく
中山重賞はオウケンサクラがフラワーCを優勝している

エニグマバリエート(ハーツクライ×Capote)
未勝利は東京2000mを上がり2位で優勝
新馬は東京1800mで0.5秒差の5着
ハーツクライ産駒は中山2000mで複勝率42.1%
フェイムゲームが京成杯を優勝しワンアンドオンリーが弥生賞2着
ハーツクライ×Capoteは日経新春杯を優勝し
日経賞2着のカポーティスターと同じ

ダノンメジャー(ダイワメジャー×Azamour)
京都2歳Sは上がり2位でタイム差なしの2着
野路菊Sは上がり最速で外から差し切り優勝
ダイワメジャー産駒は芝2000m以上の重賞未勝利
父は皐月賞馬

シャイニングレイ(ディープインパクト×クロフネ)
新馬は京都2000mを上がり最速で0.6秒差の圧勝
母はチューリップ賞、ローズSで2着
全弟ブラックシェルはNHKマイルC2着、ダービー3着
ホープフルSと弥生賞で2着がある
ディープインパクト産駒は中山2000m重賞[2.1.5.22]
ホープフルSは母父フレンチデピュティが2年連続で好走している

ティルナノーグ(ディープインパクト×Gone West)
京都2歳Sは1.5倍の1番人気に支持されたが7着
紫菊賞は上がり最速で優勝
道中は最後方を追走し直線は外に持ち出すと
着差以上の余裕でレコード勝ち
新馬は阪神1800mを上がり2位で優勝
序盤は控えていたが途中から前目に取り付くと
外から迫るトーセンバジルを交わさせなかった


◎マイネルシュバリエ
○タンタアレグリア
▲シャイニングレイ
△レトロロック
△ソールインパクト
△コメート
△ブラックバゴ
△エニグマバリエート
△ダノンメジャー
△ティルナノーグ


にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村








nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:競馬

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。