So-net無料ブログ作成
検索選択

京都牝馬S2015 結論 [予想]

◆過去5年京都牝馬Sのラップ
2010年 36.7-25.0-34.7 1.36.4 61.7(49.4-47.0) 15番手 上がり3F33.6 稍重
(12.7-11.7-12.3-12.7-12.3-11.6-11.2-11.9) ヒカルアマランサス

2011年 35.4-24.3-34.0 1.33.7 59.7(47.8-45.9) 10番手 上がり3F33.3 良
(12.7-11.0-11.7-12.4-11.9-11.5-11.2-11.3) ショウリュウムーン

2012年 35.4-23.5-34.9 1.33.8 58.9(47.2-46.6) 2番手 上がり3F34.6 良
(12.6-11.1-11.7-11.8-11.7-11.4-11.7-11.8) ドナウブルー

2013年 35.7-23.9-34.7 1.34.3 59.6(47.8-46.5) 11番手 上がり3F34.1 良
(12.5-11.3-11.9-12.1-11.8-11.7-11.4-11.6) ハナズゴール

2014年 35.1-23.8-34.1 1.33.0 58.9(47.1-45.9) 11番手 上がり3F32.9 良
(12.5-11.1-11.5-12.0-11.8-11.8-11.1-11.2) ウリウリ

10年は道悪になり勝ちタイムは1.35.0以上
良馬場だった11,12,14年は33秒台の決着になっているが
13年は1.34.3と時計が掛かっていた
10~12年はBコースの2日目、13年はAコースの6日目に施行
14年と今年はAコース8日目に行われる
5年連続で4角9番手以下の馬が連対している


メイショウスザンナ(アグネスデジタル×SS)
ターコイズSは0.2秒差の3着
全4勝は1桁馬番、3勝は5番から内枠

ダンスアミーガ(サクラバクシンオー×エルコンドルパサー)
ポートアイランドSは上がり33.3で0.2秒差の5着
長岡Sは上がり3位の33.0で優勝
4勝中3勝は左回り

ベルルミエール(スウェプトオーヴァーボード×SS)
長岡京Sは2番手から押し切り優勝
京都芝は全て1400mだが1,1,1着
1600mはNZTで大外枠から3着がある
母父SSは13年3着

キャトルフィーユ(ディープインパクト×Tejano Run)
愛知杯は56キロを背負い2着
1600mはヴィクトリアマイルで0.1秒差の5着
ディープインパクト産駒は昨年ワンツ-

フォーエバーモア(ネオユニヴァース×Pentelicus)
オークスは1.4秒差の11着
1600mはクイーンCを制し阪神JF3着
ネオユニヴァース産駒は京都1600m重賞[0.1.1.11]

ケイアイエレガント(キングカメハメハ×A.P. Indy)
中山金杯は1.4秒差の13着
春は中山牝馬Sで2着し福島牝馬Sを逃げ切り勝ち
1600mはダートも含め4勝
準OPは東京で0.5秒差の完勝
キングカメハメハ産駒は11年に優勝し12年2着

ウリウリ(ディープインパクト×フレンチデピュティ)
阪神Cは0.2秒差の4着
昨年の京都牝馬Sは上がり最速で優勝
ディープインパクト産駒は12,14年に優勝

アロマティコ(キングカメハメハ×SS)
エリザベス女王杯は上がり最速で8着
京都は秋華賞、エリザベス女王杯で3着がある
1600mは3戦して3,2,10着、全て上がり3位以内


◎ベルルミエール
○ウリウリ
▲ダンスアミーガ
△メイショウスザンナ
△キャトルフィーユ
△ケイアイエレガント


にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村








nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(14) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 14

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。