So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカジョッキーCC2015 結論 [予想]

◆AJCC過去5年のラップ
2010年 36.3-36.6-24.6-35.1 2.12.6 (60.5-59.7) 2番手 上がり3F34.7 良
(12.3-11.3-12.7-12.2-12.0-12.4-12.4-12.2-11.9-11.2-12.0) ネヴァブション

2011年 37.9-38.0-23.2-35.1 2.14.2 (63.4-58.3) 3番手 上がり3F34.7 良
(13.0-11.9-13.0-12.8-12.7-12.5-11.8-11.4-11.5-11.3-12.3) トーセンジョーダン

2012年 37.3-39.0-24.7-36.3 2.17.3 (63.8-61.0) 7番手 上がり3F35.6 不良
(12.6-11.3-13.4-13.2-13.3-12.5-12.4-12.3-12.1-12.0-12.2) ルーラーシップ

2013年 36.0-35.9-24.9-36.3 2.13.1 (59.7-61.2) 2番手 上がり3F36.0 良
(12.3-11.5-12.2-11.6-12.1-12.2-12.4-12.5-12.1-11.5-12.7) ダノンバラード

2014年 36.5-36.9-34.2-36.4 2.14.0 (61.1-60.6) 6番手 上がり3F35.5 良
(12.5-11.1-12.9-12.2-12.4-12.3-11.9-12.3-12.4-11.9-12.1) ヴェルデグリーン

テン3Fは36秒以上だが淀みなく流れやすく10,13,14年は中盤の1000mで
12.6以上はなく12.0以内のラップも刻まれている
12年は不良馬場、11年は1000m通過63.4の超スローになったが
残り5Fから11秒台が続くロングスパート勝負
レース上がり3Fも全て35秒以上、連対馬の最速上がりも34.7と上がりがかかる
4角ではある程度の位置にいる馬が多く15頭中10頭は4角5番手以内
3番より内枠の馬が6年連続3着以内に好走している


ダークシャドウ(ダンスインザダーク×Private Account)
金鯱賞は上がり2位で0.6秒差の6着
昨年は函館記念は58キロを背負い2着
エプソムCは59キロを背負い3着
中山は3戦して5,6,11着と好走していないが
鞍上ベリー騎手は2年連続連対中、昨年は11番人気馬で2着

マイネルフロスト(ブラックタイド×グラスワンダー)
中山金杯は0.7秒差の6着
昨年の毎日杯優勝時は1枠1番、ダービー3着時は2枠3番から好走している
内をスムーズに捌ければ巻き返しても

パッションダンス(ディープインパクト×ジェイドロバリ-)
中山金杯は長期休養明けをひと叩きして0.5秒差の4着
休養前は新潟大賞典を制している
中山は初だが5勝中3勝は急坂の阪神で挙げている
半姉は重賞4勝のアドマイヤキッス

フラガラッハ(デュランダル×トニービン)
天皇賞秋は0.8秒差の15着
昨年のAJCCは上がり最速で0.1秒差の5着
オールカマーは上がり最速で0.1秒差の4着
マイルのオープンを3勝しているが全て急坂コース
ゴールドシップが前を潰してくれる展開になれば
最後方から突っ込んでくる可能性も

ディサイファ(ディープインパクト×Dubai Millennium)
JCは2.9秒差の15着
近2走は2桁着順だがともにG1
G2以下では堅実に走っており
オープンでは4,3,2,2,1,4着と掲示板を外していない
中山は昨年の中山金杯3着がある

ゴールドシップ(ステイゴールド×メジロマックイーン)
有馬記念は1番人気に支持されたが3着
急坂コースは[7.1.2.0]と4着以下なし
皐月賞、有馬記念、宝塚記念連覇している
このメンバーで58キロなら負けられないか

エアソミュ-ル(ジャングルポケット×SS)
金鯱賞は0.3秒差の3着
毎日王冠は上がり3位で優勝している
10勝しているが2着は一度もない
中山はディセンバーSを優勝している
2200mは2戦2勝
Cデムーロ騎手とは1,3,4着と悪くない
ジャングルポケット産駒は11,14年に優勝
近親のエアシャイディは08年に優勝し05,09年2着

フェイムゲーム(ハーツクライ×アレミロード)
アルゼンチン共和国杯は上がり最速で0.4秒差の完勝
昨年のAJCCは0.1秒差の3着
休み明けは6,6,6着と良くなく
有馬記念を除外で使えなかった影響がどれだけあるか
半兄バランスオブゲームは中山[4.2.0.2]
オールカマー、中山記念を優勝しており中山非根幹距離では5連対している
ハーツクライ産駒は13,14年3着
2桁馬番は8,4,12,6,6,6,6着

ユニバーサルバンク(ネオユニヴァース×ドクターデヴィアス)
万葉Sは1年ぶりの休み明けで0.5秒差の7着
休養前はOP特別を2勝
12年オールカマー3着、13年ステイヤーズS2着がある
ひと叩きして一変できるか

クリールカイザー(キングヘイロー×サッカーボーイ)
ステイヤーズSは上がり2位で0.4秒差の3着
近3走はG2で3,2,3着と安定して好走している
全5勝中4勝は中山で挙げており湾岸Sは0.5秒差で完勝
母はオークス馬スマイルトゥモローの半妹
ダンシングブレーヴ系は10年2着

ミトラ(シンボリクリスエス×SS)
福島記念は初の2000m以上のレースだったが上がり3位で優勝
中山はダートも含め4戦4勝
休み明けは3,3,1,1,1着と得意にしている
2桁馬番は3,6,1,9,14,6着と良くない
近親にG1を4勝したメイショウサムソンがいる

ショウナンラグーン(シンボリクリスエス×マンハッタンカフェ)
万葉Sは上がり最速も0.1秒差の4着
菊花賞は上がり3位で0.8秒差の5着
デビューから11戦中9戦で上がり3位以内
中山は1,13,2,3着
2桁馬番は1,3,1着と崩れておらず、青葉賞を制している
祖母メジロドーベルは3歳秋にオールカマーを牡馬を降し優勝


◎ディサイファ
○ゴールドシップ
▲クリールカイザー
△ダークシャドウ
△マイネルフロスト
△パッションダンス
△エアソミュール
△フェイムゲーム
△ユニバーサルバンク
△ショウナンラグーン


にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村








nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(10) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。