So-net無料ブログ作成
検索選択

金鯱賞2014 人気薄から見る好走馬の分析 [重賞分析]

◆金鯱賞過去2年の前走距離分析
        複勝率 複回収率
延長[0.1.0.1]  50.0%  310%
同距[0.1.1.11]  15.4%  39%
短縮[2.0.1.8]  27.3%  78%

前走上がり
1位[1.1.1.3]  50.0%  180%
2位[0.0.0.0]
3位[0.1.0.3]  25.0%  77%


延長馬1頭は東京1800m上がり最速で1着


同距離馬2頭はアンドロメダS3着と小倉記念2着
2頭とも上がり3位以内

短縮馬3頭はアルゼンチン共和国杯上がり最速で5着と
札幌日経オープン8着と前年の宝塚記念4着

6頭中4頭は前走上がり3位内
6頭中5頭は前走掲示板
6頭中4頭は前走3番人気以内、6頭とも5番人気以内
6頭全て関西馬
6頭中5頭は父SS系
6頭中4頭はトニービンの血を持つ馬


続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(5) 
共通テーマ:競馬

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。