So-net無料ブログ作成

チャンピオンズC2014 結論 [G1予想]

◆過去5年ジャパンカップダート&過去2年東海Sのラップ
2009年 36.3-36.5-37.1 1.49.9 60.7(48.8-49.2) 1番手 上がり3F37.1 良
(12.5-11.1-12.7-12.5-11.9-12.1-12.4-11.8-12.9) エスポワールシチー

2010年 35.9-36.4-36.6 1.48.9 60.0(47.9-48.9) 1番手 上がり3F36.6 稍重
(12.5-10.7-12.7-12.0-12.1-12.3-12.0-11.8-12.8) トランセンド

2011年 35.8-37.4-37.4 1.50.6 60.9(48.2-49.7) 1番手 上がり3F37.4 良
(12.5-10.5-12.8-12.4-12.7-12.3-12.2-12.0-13.2) トランセンド

2012年 35.8-36.6-36.4 1.48.8 59.8(47.5-49.0) 3番手 上がり3F36.0 良
(12.6-10.7-12.5-11.7-12.3-12.6-12.6-11.6-12.2) ニホンピロアワーズ

2013年 36.8-37.0-36.6 1.50.4 61.6(49.2-48.8) 6番手 上がり3F36.1 良
(12.4-11.0-13.4-12.4-12.4-12.2-12.0-12.0-12.6) ベルシャザール

◆東海S
2013年 36.0-36.8-38.2 1.51.0 60.4(48.3-50.0) 7番手 上がり3F37.3 良
(12.6-11.0-12.4-12.2-12.2-12.4-13.0-12.5-12.7) グレープブランデー

2014年 36.2-36.3-37.9 1.50.4 60.4(48.2-50.6) 4番手 上がり3F37.5 良
(12.6-11.2-12.4-12.1-12.1-12.1-12.7-12.2-13.0) ニホンピロアワーズ

近2年の東海Sではテン3F36秒前半、中盤3F36秒台、上がり3F38秒前後
勝ちタイムは1.50.4~1.51.0で前半4Fより後半4Fが2秒近く遅くなっている
2年連続で2桁馬番が優勝しており9番より外枠が4連対
父か母父ミスプロ系が2年連続で2,3着だが
勝ち馬は父か母父SS系


続きを読む


nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(16) 
共通テーマ:競馬

金鯱賞2014 結論 [予想]

金鯱賞
2012年 37.0-48.2-35.2 2.00.4 (61.6-58.8) 7番手 上がり3F34.7 良
(12.9-11.1-13.0-12.7-11.9-11.8-11.8-11.7-11.5-12.0) オーシャンブルー

2013年 35.9-47.6-36.1 1.59.6 (59.3-60.3) 2番手 上がり3F35.8 良
(12.8-11.0-12.1-11.7-11.7-12.0-12.2-12.2-11.5-12.4) カレンミロティック

1000m通過は61.6と59.3
12年はスローだったが残り6Fから11秒台が続いておりレース上がりは35秒以上
13年は序盤から早くなり残り5F中4Fは12秒台、レース上がり3Fは36.1
6頭とも上がり3Fは34.6以上


続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:競馬

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。